カードローンの審査が通らない理由はなに?

三井住友銀行カードローンの審査が通らないとき、まず確認すべきなのは公式ホームページに書かれている条件を満たしているかどうかです。多くの金融機関では、「安定した収入を得ている」ということを条件にしていますが、安定した収入に年金が含まれるかどうかは、会社によって異なります。日雇い労働をしている人は、安定性がないことが原因になっているかもしれません。

公式ホームページに記載されている条件を満たしていれば、借りられる条件を満たしているということです。その場合、個人信用情報に問題があることが原因で審査落ちしている可能性があります。銀行カードローンでは、過去1年間にたった1回でも延滞をしたことがあると、審査落ちの原因になることもあるようです。大手の消費者金融では、1回や2回の延滞ならばそれほど影響はしないようです。しかし、消費者金融でも何度も延滞を繰り返しているような人は、断られる可能性が高いでしょう。

他社からの借入が影響している可能性もあります。消費者金融では総量規制がかかるので、他社ですでに年収の3分の1を借りてしまっている人は、それ以上は借りることができません。銀行では総量規制の適用外ですが、やはり他社からたくさん借りている人は断られる可能性が高いでしょう。他社借入が4件を超えている多重債務者の人は、大手の消費者金融でも断られる可能性が高いです。

カードローンは限度額が10万円~1000万円まで、幅広く設定されています。限度額10万円すら借りられないという人は、なにか致命的な原因がある可能性があります。カードローンの審査に通らない人は、次の会社に申込みをする前に、こういったポイントを確認してみましょう。

充実しているアイフル返済方法

返済方法が充実しているのも消費者金融の特徴です。
金利高いというデメリットを打ち消すようにサービスが充実しています。
アイフル返済方法もまた充実しています。

・振り込み
・アイフルATM
・アイフル有人店舗
・提携先ATM
・コンビニ
・口座振替

これだけの返済方法がそろっていれば自分にとって面倒だと感じるものばかりではないはずです。
キャッシングの基本は借り入れではなく返済です。
借り入れをするときには一瞬ではありますが、返済は長くなることは考えられます。
毎月ある返済が面倒になってしまえば理由をつけて長引かせてしまうことも考えられるでしょう。
そうなると利息は日に日に加算されていきますので良いことになることは考えられません。
返済方法の充実は結果として利息を節約できることにつながります。

特に提携先ATMは非常に多くなっておりローソンやファミリーマートにもあるマルチメディア端末で利用することができます。
時間は限られてはいるものの平日も土日祝日も朝の7時から夜の23時30分まで利用することができます。

そう考えてみるとアイフルの返済方法は非常に多くあります。
近隣に返済できるATMが一切ないことはないでしょう。
必ず何らかの返済方法が自分にとって最適となるものがあるはずです。
返済がアイフルキャッシング取引の中の大半を占めることになる。
そう考えると便利な返済方法がそろっていることがプラスになることは間違いありません。

消費者金融のトラブルを相談できる公共機関

消費者金融におけるトラブルは多重債務・身内や友人に名前や住所を使われてしまった・貸金業に登録している悪質な業者から違法な取り立てを受けているなど様々です。どの問題も消費者金融を利用している人には起こりうるものなので、事前にトラブル相談ができる公共機関を知っておきましょう。

消費者金融のトラブルを相談できる場所は国民生活センター(消費者生活センター)、日本弁護士連合会、日本司法書士連合会、日本クレジットカウンセリング、法テラス、金融庁、日本貸金業協会、警察などがあります。
現在抱えている問題に応じた機関で相談しましょう。

貸金業者から嫌がらせを受けている、違法な取り立てを受けているときは警察へ。金融機関と揉めている場合は金融庁や日本貸金業協会に行きましょう。借金問題を解決したいなら、日本弁護士連合会、日本司法書士連合会や日本クレジットカウンセリング、法テラスなどに相談してください。

日本司法書士連合会に相談する際は、借金額が140万超えの内容は請け負えない、簡易裁判所以外の訴訟では代理人になれないなどの制限がありますので、依頼するときは借金額を把握してから相談しましょう。

消費者金融とのトラブルは身近な問題で、相談する人は多く存在しています。一人で抱え込まずに専門家に相談してください。相談料が必要になる機関もありますが、初回無料や経済的に厳しい人のために格安で相談に乗ってくれるところもあります。積極的に利用しましょう。

参考サイト

任意整理はいくらから手続き可能?

借金の返済が困難になってきた人が任意整理をすることを考える場合に疑問になる点の一つとして「いくらから任意整理の手続きができるのか」という点が挙げられますが、この疑問の答えはありません。強いて言えば、いくらからでも行うことができるというのが答えとなるでしょう。

債務整理には任意整理の他に個人再生や自己破産がありますが、これらのうちのどの方法で手続きをすすめるかは、債務者が抱えている借金の総額や、保有している財産の状況、勤務形態と年収などから判断されます。そのため、たくさん借金を抱えていたとしても、換価可能な財産を大量に保有していて、ある程度安定した収入を確保できていれば、裁判所に頼らずに返済できる可能性があると判断され、任意整理が選択されることになります。逆に、借金の総額自体はさほど多くなくても、保有財産が少なくて収入も満足に得られていないと、任意整理では無理と判断され、より強制力が高い方法で債務整理をしていくことになります。

任意整理は、当事者同士の話し合いによって手続きをすすめていくものであり、裁判所が当事者として加わる他の債務整理の方法と比較して選択される可能性が高いといえます。しかし、債務整理の方法の選択を間違うと、本来であれば処分しなくても良い財産の多くを手放さなければならなくなったり、債務整理後により苦労しなければならなくなったりします。最適な債務整理の方法を見極めるためには、債務問題を処理した実績が多数ある弁護士や司法書士の所へ行って相談するのがベストです。